自分に合った住宅ローン選びのコツを紹介

金利は低ければ低いほど負担軽減

住宅ローンは、一般的に30年以上の長期間にわたって返済するため、その負担額は金利が低いほど軽減されます。そのため低金利であることが重要なポイントになります。

ここで経済の話を少ししましょう。景気が上向きになれば金利が上昇する傾向があります。新聞やニュースで各金融機関が住宅ローン金利を引き下げると報道されると、住宅購入を検討する人が増えるのはそのためです。

また、住宅ローン金利は各金融機関で異なります。不動産屋さんが奨める金融機関だけでは、あとで後悔する可能性もあります。

できるだけ低金利のローンを組むことが賢い選択であり、購入のタイミングも今低金利なのか、金利は上昇するのか等の見極めも大切なポイントとなります。

インターネットだけに頼らない

住宅購入の際、不動産会社から提携金融機関のローンを紹介されることがほとんどです。
もちろんそこを使うのも悪くないのですが、もう少し欲張って自分に合った金融機関を見つけ出すほうがあとで後悔しない賢い選択と言えるでしょう。

インターネットで住宅ローンに絞って検索すると、ローン条件を比較検討できるサイトを見ることができます。例えば、金利水準の低さで金融機関をピックアップしてみるのも良いでしょう。

ここで重要なこと!いくら自分の望む条件を出している金融機関が見つかっても、審査が通らなければローンを借りることができません。

金融機関をピックアップしたら、そこの住宅ローン相談窓口に出向いてどのような条件で借りることができそうか直接相談することが大切です。労力を惜しまず実行してみてください。