住宅ローンについてあなたの不安を解消

無理なく返済!返済期間について

住宅購入のための必要資金は、そのほとんどを金融機関から借りることになりますが、もちろん借りたお金は返さなくてはいけません。
住宅ローンの大きな特徴は、全額返済までの期間をかなり長期間に設定できるということです。したがって、毎月の返済額を軽減することができるのです。

ここで、ローンを契約する前に考慮しなければならない大切なことがあります。
例えば35年ローンを組んだ場合、返済時の年齢がいくつになっているかということです。
40歳でローンを組んだ場合、完済するのが75歳です。一般的なサラリーマンであれば60歳定年、年金をもらえるのが65歳からということになり、60歳以降残り15年間の返済に不安が残りませんか?
もちろん、退職金で完済できるという見込みがあればローン返済の不安はありませんが、今度は老後の設計に余裕がなくなることになります。

毎月の返済額と老後の設計も考慮に入れローンを組む必要があるのです。

繰り上げ返済の有効活用

住宅ローンでできた借金はできるだけ早く返済したいですね。それには、繰り上げ返済を有効活用することです。
繰り上げ返済とは、余裕のある資金を自由なタイミングで返済し、借入元金と利息負担を軽減することです。

繰り上げ返済の方法には大きく2つあります。
一つは、期間短縮型と呼ばれ、繰り上げ返済により減少した借入元金と利息負担分を、契約時の返済期間より短縮して返済する方法です。この場合、毎月の返済額は変更しません。
2つ目は、返済額軽減型と呼ばれ、期間短縮型とは逆に、返済期間を変更せず毎月の返済額を軽減する方法です。
一般的に、期間短縮型のほうが利息軽減効果は大きくなります。
注意点として、繰り上げ返済には手数料がかかることがあります。手数料は金融機関によって異なります。ローン選択の際は手数料の安さも考慮に入れたほうがよいでしょう。

まとまった資金ができたら、繰り上げ返済を積極的に実施することをお勧めします。